練習2015.03.07

練習曲:月あかりの道(金子健治)

個人練習の仕方について。
1.楽譜をもらったら、ざっとさらって(通して練習して)みる。
2.できなかったところをチェックする。
3.できないところを「繰り返し」練習する。

これだけです。よくある間違いとしては、
できるところを何度も練習する、です。
気持ちを安定させるために、できるところを練習するのはありですが、
そればかりしても進歩はありません。苦しくても、
できないところに向き合って、繰り返し練習するのが、
上達の一番の近道だと、私は思います。

ほかに今日話したのは、私が大学時代に音楽を教わった先生からいただいた言葉です。

練習は本番のように。
本番は練習のように。

本番を想定して、どれだけ濃い練習をしてきたか。
それが本番の心の支えになると思うんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です