Archive for 練習記録

練習記録2017.02.04

練習会場:佐野市中央公民館 二階第1会議室

時間:18:30-21:00

練習曲

クリスマスパストラーレ

アヴェ・ヴェルム・コルプス

ジュピター

パストラーレ(ヘンデル)

見よ、勇者は今帰る(ヘンデル)

 

休符を数えることと、自分のパートだけを見ないことと、フレーズ(メロディーのまとまり方)を意識することに注意して演奏しました。

レパートリーが増えてきて、ますます練習がますます楽しくなってきました。

 

練習2016.07.16

6人全員で、『めぐり逢い』を練習しました。
曲になったかな、と思ったので、動画を撮ることにしました。
どうぞお聞きください。

今後も練習中に動画を撮って、UPできればと思います。

練習2015.08.29

今日は、3名の参加でした。

第1会議室を借りていましたが、都合により図書室に移動しての練習となりました。

練習曲:月あかりの道
    いつも何度でも
    その他

目標がはっきりしてきたので、そちらへ向かって少しでも良い音楽なるよう、
自分のできることをもっと引き出していきましょう!!

練習2015.07.04

本日は、ソロでした。
自分の練習をしました。
そう、いつも練習といえば、こんな感じだったなあ、と
思い出しました。

吉嶺先生の「ララバイ」や、
J.van.Eyckの「笛の楽園」なんかを練習しました。

多重録音をしばらくしていないので、
また、録音し易いものを探して練習しました。

アンサンブルがしたいのです。
皆で一つの音楽を作ったときの達成感を味わいたいのです。
曲の難易度など、どうでもいいのです。
アンサンブルがしたい。
今日の練習で、強く思いました。

練習2015.05.30

会場:佐野市中央公民館 第1会議室
時間:18:30-21:30

地震、長かったですね。練習が一時中断しました。
幸い被害はありませんでした。

教則本を何種類か購入していたので、
今日は、レッスンめいたことをしてみました。

全員に、ではないですがレッスン形式で進める時間と、
みんなでアンサンブルを楽しむ時間と、両方あってもいいのでは?
と考えていたので。

それにしても、難しい部分を練習してできるようになっていたのが、
とても嬉しかったです!

これからも楽しくあわせましょうね!!

練習2015.05.16

会場:佐野市中央公民館工芸室
時間:18:30-21:00

見学者が今日もいらっしゃいました!!
ありがとうございます!!
ぜひ、ぜひ一緒に音楽しましょう!!

リコーダーを含め、音楽はいつからでも始められます。
たぶん、音楽にかぎらず、スポーツでも、その他文化的なものでも
やりたいと思ったときが始め時、なのだと思います。

そして!
正式に新メンバーが入りました!!
うれしい!!
今後とも、どうぞよろしく!!

メンバーが増えて、どのように会を進めていったらよいかを改めて考えています。
でも、とりあえずは時間を作って、飲み会しましょう、飲み会!!

練習2015.04.18

時間18:30-21:00
練習曲
オーラリー
バタフライ
月明かりの道

見学に1人いらっしゃいました。
楽しんでいってもらえました!(よね?)

是非これからも一緒に活動していきたいです。

来月から、サークル連合会に入ることになり、使用料が全額減免されることになりました!!

使用料として集めていた分は、何に使いましょうかね?
皆さんで相談しましょう!

練習2015.04.04

時間:18:30-21:30
練習曲 ブランデンブルク協奏曲第6番(リコーダー編曲版)(バッハ)

今日は二人だけの練習でした。
次に練習する曲を検討もしました。
リコーダーはバロック時代までの楽器です。
だから、バロック音楽をレパートリーに入れたいんです。

音をさらうのが簡単な曲を選びました。
つぎからみんなで演奏しましょう!!

練習の成果を発表する機会も来月辺りに作りたいと思っています。

あわせる楽しみを広げていきたいです!

練習2015.03.21

18:30-21:30
練習曲
月あかりの道(金子健治)
カノン(パッヘルベル)

ミスをするのは誰にでもある、というか、
ミスをしない人はいません。

問題は、ミスしたあとにどうするか、ということ。
ミスをしないために練習はするのだけれども、
ミスをした後の対処も練習しておく必要があります。

ミスしても、顔に出さない訓練とか、
上手くふけなくなったあと、どこで復活するのかとか。

練習2015.03.07

練習曲:月あかりの道(金子健治)

個人練習の仕方について。
1.楽譜をもらったら、ざっとさらって(通して練習して)みる。
2.できなかったところをチェックする。
3.できないところを「繰り返し」練習する。

これだけです。よくある間違いとしては、
できるところを何度も練習する、です。
気持ちを安定させるために、できるところを練習するのはありですが、
そればかりしても進歩はありません。苦しくても、
できないところに向き合って、繰り返し練習するのが、
上達の一番の近道だと、私は思います。

ほかに今日話したのは、私が大学時代に音楽を教わった先生からいただいた言葉です。

練習は本番のように。
本番は練習のように。

本番を想定して、どれだけ濃い練習をしてきたか。
それが本番の心の支えになると思うんです。